サンブレイク

サンブレイク含むアップデートVer.10.0.2更新データの内容で武器調整が来ました

こんにちは、ギガンくず(@gigankuzu69)です。

サンブレイク含むアップデートの更新データVer10.0.2の内容が告知されましたね。

その中でたしかライズ初の各武器の調整が来ました。

ずっとアプデはあっても個別の武器調整は来なかったので、大型DLCのタイミングでくるかな~って思ってましたが本当に来ましたね。

ヘビィボウガンの調整内容

弾の威力修正

メインは弾の威力修正ですね。

全体的に物理弾の威力上方修正、徹甲斬裂の威力下方修正といった感じです。

LV1~LV2弾の上方修正は正直どうでもいいので、LV3貫通弾の威力上方修正が結構デカそうですね。

体験版時点で徹甲榴弾の威力は下がることは判明してたので、やっぱり間違ってなかったんだって感じですね。

ただ反動まで手が加えられてるのはちょっと驚きでした。

個人的にライズの徹甲榴弾の一番の問題点は反動・リロードの取り回しが良すぎる事だと思っていたので、そこに手を加えてくるのは上から目線ですが結構わかってんじゃんと思いました。やっぱりサンブレイクのチームは有能なんですかね。

その一方で反動いじるなら威力は据え置きでも良かったのでは、とも思います。

溜め撃ちの上方修正

同じく溜め撃ちの威力アップも体験版時点でなんとなくわかってました。

ただ、上方修正された溜め撃ちでも現状はあまり強い感じはしません。

サンブレイクでなにか他の要素と合わさって化ける可能性はありそうですけども。

狙撃榴弾の上方修正

狙撃竜弾の威力アップは結構気になりますね。

表記が少しアップではなくてアップなので結構アッパー調整されてそうです。これで撃つのにかかる時間を取り戻せるぐらいダメージが出ればいいんですが。

回復機関・狙撃のゲージ回復速度が短く

回復機関・狙撃のゲージ回復が早くなる効果は、どれぐらい早くなるかにもよりますが入れ替え技として選択肢に上がるぐらい変わってくれればいいですね。

実は回復機関竜弾は攻撃しながら回復できる手段としてほんの少しだけ可能性を感じています。

カウンターチャージャーのゲージ回復速度も短く

カウンターチャージャーの翔蟲ゲージの回復が早くなる効果は、攻撃を防いだ後のリカバリーが早くなるという意味ではより防御的に運用できるようになりそうです。

まとめ 全体的に上方修正しようと言う意識は感じる

全体的な印象としては、下方下方というよりかは上方修正をベースにしようとしている感じがしましたね。

徹甲榴弾・斬裂弾・拡散弾はやっぱり下方修正でしたね。拡散弾はちょっと意外でしたけども。

特に徹甲榴弾は気絶値がダウンという事でお咎めされてしまいましたね。CAPCOM側も危惧してたんでしょうね。まあ順当だと思います。

斬裂弾は部位に与えるダメージがアップという事で本来の尻尾切り用の弾として使うことになりそうです。

実際にサンブレイクを触ってみないと何とも言えませんが、物理弾がメインになるのか、それとも下方されてもやっぱり徹甲榴弾なのかは気になるところです。

ABOUT ME
ギガンくず
モンハン歴15年 ヘビィボウガン歴11年 ゲーム実況配信歴13年 の元MHF依存症です。 このブログではほぼモンハン関連の攻略記事・最新情報についてを投稿しています。ヘビィボウガンの事が多めです。 たまに日常の事や広告が入ります。
CAPCOMのクレーンゲームアプリ「カプとれ」

CAPCOMのクレーンゲームアプリ「カプとれ」

僕も使ってるクレーンゲームアプリです。モンハングッズも多数あり。

他の人がやってるのを眺めるだけでも結構楽しめます。

新規登録で2~3回分のポイントも貰えるのでおススメですよ~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。